日本からレンジが消えつつある理由

取引する方法は、バイナリーオプションらしいものが多くなっていますが、その1つにレンジ取引があります。
その範囲内に入っているなら、取引は成立したこととなり、ペイアウトを受けることが出来ます。
その範囲から漏れてしまっているなら、判定のタイミングで失敗と判断されて、バイナリーオプションからお金をもらうことが出来ません。

このレンジ取引については、停滞しているチャートで非常に強みを発揮することで知られていて、バイナリーオプションでも稼ぎやすいものとして利用されていました。
しかし、日本のバイナリーオプションでは、レンジを利用することが殆どできなくなっています。
その理由は、利益を簡単に出せるようになり、会社が儲けを期待できないからです。

海外でも行われていますが、レンジの範囲が非常に難しくなっていたり、長期的な取引を考えることになるので、チャンスは少ないです。
だからこそ、日本のレンジは有効だったのですが、会社の負担が大きくてなかなか出来ないのも現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です